MENU

    ペニーブラック完全収集ガイド

    目次

    はじめに

    世界初の切手ペニーブラック

    ヤングスタンプで切手の収集ガイドを書くにあたって、やはり最初はペニーブラックであるべきだと思いました。何せペニーブラックは1840年にイギリスで発行された世界最初の切手ですから。

    そのシンプルで無駄のない造形美に魅せられたコレクターは数知れず。この切手の持つ美しさはその後数多発行された切手の追随を許さない素晴らしさがあり、今尚活発に取り引きされている非常に魅力的な切手です。

    入手難易度は後述するプレートによってはそこまで高くもないですし、何より取り引き価格も使用済みであれば幅はありますが1枚数千円から10万円程度が一般的な相場と言えるでしょう。

    もっともこれは一般的なペニーブラックに限った話であり、希少性の非常に高いペニーブラックに至っては数億円という高額取り引き事例もある切手です。そして更に希少性の高い物は英国王室所有などとなり、その価値は計り知れません。

    ここではそれら一生かかっても実物を目にすることはないレアなペニーブラックは除いて、ごくごく一般的に入手できるレベルのペニーブラック収集の楽しみ方を解説していきたいと思います。

    尚、ここではペニーブラック登場の当時の歴史的背景や郵便事情、ペニーブラックのデザインについての逸話などは省略しています。こうした事に興味のある方はペニーブラックのwikipediaに英語で詳しい事が書かれていますので一度読んでみてください。

    ペニーブラックの基本的な情報

    ペニーブラックの発行枚数と現存数

    1840年5月1日に初版が発行され、その後1841年1月19日までの約9ヶ月間に発行されたペニーブラックの総発行枚数は68,808,000枚。このうち130万枚程度が今も現存しているのではないかと言われています。

    実際に海外のオークションなどを見ていても結構な数量のペニーブラックが出品されています。程度に拘らなければ現代でも比較的入手は容易ですね。

    ペニーブラックのシート構成

    ペニーブラックは1シート240枚で構成されていました。

    AAABACADAEAFAGAHAIAJAKAL
    BABBBCBDBEBFBGBHBIBJBKBL
    CACBCCCDCECFCGCHCICJCKCL
    DADBDCDDDEDFDGDHDIDJDKDL
    EAEBECEDEEEFEGEHEIEJEKEL
    FAFBFCFDFEFFFGFHFIFJFKFL
    GAGBGCGDGEGFGGGHGIGJGKGL
    HAHBHCHDHEHFHGHHHIHJHKHL
    IAIBICIDIEIFIGIHIIIJIKIL
    JAJBJCJDJEJFJGJHJIJJJKJL
    KAKBKCKDKEKFKGKHKIKJKKKL
    LALBLCLDLELFLGLHLILJLKLL
    MAMBMCMDMEMFMGMHMIMJMKML
    NANBNCNDNENFNGNHNINJNKNL
    OAOBOCODOEOFOGOHOIOJOKOL
    PAPBPCPDPEPFPGPHPIPJPKPL
    QAQBQCQDQEQFQGQHQIQJQKQL
    RARBRCRDRERFRGRHRIRJRKRL
    SASBSCSDSESFSGSHSISJSKSL
    TATBTCTDTETFTGTHTITJTKTL
    ペニーブラックのシート構成一覧表

    そして各切手がシートのどの位置にある物かがひと目でわかるようにと考案されたのが切手下部の左右にあるチェックレター(コーナーレター)です。

    ペニーブラック

    上のペニーブラックのチェックレターはQHです。

    先程のシート構成一覧表を見ればQHがシートのどの位置の切手なのかがすぐにわかります。

    ペニーブラックのマージンについて

    ペニーブラックは目打のない切手(無目打)だったので、切手は常にハサミで切り取られてから使われていました。この時図案の四辺に十分な余白を残しているかどうかが重要な要素になります。

    例えば上で掲載しているペニーブラックは四辺に十分な余白が残っている状態でこれを4マージンと呼びますが、マージンの状態としてはこれが最高の状態となります。

    マージンの全く無い物や図案に切れ込みが入ってしまっている物、マージンがあったとしても一部のみといった物については評価もかなり下がります。

    余程希少性の高いペニーブラック以外はできるだけ4マージンの物を買うようにしましょう。

    ペニーブラックのプレート

    ペニーブラックは全て銅版(以降:プレート)で印刷されましたが度重なる印刷でプレートが摩耗した為、一定期間で入れ替えられて印刷が続けられました。プレートは全部で12種類が使われています。

    各プレートが使用開始された日付とそのプレートで印刷されたペニーブラックの数は以下の通りです。

    プレート番号使用開始日印刷枚数
    1a,1b1840年4月15日10,052,400
    21840年4月22日7,659,120
    31840年5月9日4,786,800
    41840年5月19日6,701,760
    51840年6月1日8,616,480
    61840年6月17日9,095,040
    71840年7月8日8,137,680
    81840年7月31日7,180,320
    91840年11月9日3,840,000
    101840年12月9日1,920,000
    111841年1月27日168,000

    これで見るとプレート11で刷られたペニーブラックが圧倒的に少ないことがわかります。当初プレート11はペニーレッドを印刷する為に準備されていましたが、赤いインクが間に合わなかった為にやむを得ず少量のペニーブラックが印刷されました。

    ペニーブラックの価値

    一口にペニーブラックと言ってもその希少性は様々です。ここでは比較的市場によく出回っている単片切手を取り上げてみますが、評価となるポイントはいくつかあります。

    1. 未使用か使用済みか
    2. 4マージンかどうか
    3. プレートはどれか
    4. 消印のタイプと状態(使用済みに限る)

    基本的にはこの4つの要素がペニーブラックの価値を決めます。

    そして一番高額で取り引きされるのは未使用4マージンでプレート11のペニーブラックです。

    次いで未使用4マージンでその他プレートの物、使用済み4マージンで希少性の高い要素を有する物、3マージン以下の未使用、3マージン以下の使用済みと続きます。

    もちろん例外もあり、使用済みで非常に希少性の高い消印が押された物は未使用の物よりも遥かに高額で取り引きされる事もありますし、チェックレーターによってはプレート毎にエラーや特徴的な物があり、そうした物も高額で取り引きされています。

    ひとつ言えるのは未使用でも使用済みでも4マージンの物が見た目に美しいので最も好まれています。

    そして単片ではなく2枚3枚4枚5枚とブロックになっている物は、その数が多ければ多いほどに価値が何十倍何百倍にも跳ね上がります。

    ペニーブラックの収集方法

    イニシャルで収集する

    もっともありふれた収集方法がこの方法です。

    自分のイニシャルと同じチェックレターのペニーブラックを購入してコレクションする。たったこれだけです。

    1枚あればコレクションは完了しますので手軽に始めるならばこの収集方法が最適でしょう。

    シートリコンストラクション

    ペニーブラックには切手下部の左右にチェックレターがある事は先程説明しましたが、これをシートの並び順通りにさながらシートを復元するかの様に収集するスタイルをシートリコンストラクションと言います。

    最低でも240枚のペニーブラックを購入する予算に加えて各チェックレターのペニーブラック全てとの出会いが必要になります。

    プレーティング

    ペニーブラックは述べ12のプレートで印刷された事は解説しましたが、お持ちのペニーブラックがどのプレートで刷られた物かを調べて特定する事をプレーティングと呼びます。

    プレーティングの方法はいくつかありますがそれらの方法全てに共通しているのはチェックレターを調べる事です。

    さっき掲載したペニーブラックのチェックレターはQHでしたが、同じQHでもプレート毎にその位置や傾き、形状などが微妙に異なっています。ですのでそれを調べる事でどのプレートで刷られたのか?を特定する事ができます。

    プレーティングについてはそれを行うために別途必要になる物が色々あるのと、最も専門的な細分類方法となるのでいきなり挑戦するのはかなり敷居が高いと思います。本国イギリスではプレーティングを専門的に有償で請け負う業者もいるぐらいですから。

    ですがプレーティングを自分でできるようになれば、ペニーブラックのみならずペンスブルーやペニーレッドのプレーティングも行えますので専門的な収集の幅が非常に広がります。

    私はペニーレッドのプレーティングを専門的に行っていますので、また別の機会でプレーティングについてのガイドも書く予定です。

    ペニーブラックの偽物に注意!

    比較的安価で入手可能な世界初の切手。まだお持ちでない方は是非1枚手に入れてみてください。ただし常に人気のある切手ですから偽物も非常に多く出回っていますし、海外オークションだけでなく日本のヤフーオークションでも常習的に偽物を「本物保証」と偽って販売している出品者もいますので注意してください。←これは確信的詐欺なので刑事事件になる犯罪行為です。

    偽物を本物と偽って販売している業者(出品者)にはいくつかの特徴があります。ここで簡易的にではありますがそれなりに偽物を避ける効果的なペニーブラックの真贋判定方法を書いていますので参考にしてみてください。

    怪しい販売者の特徴と真贋判定方法

    下記の様な特徴を備えた販売者は要注意です。

    タイトルで本物を謳いつつ商品説明では真贋についてあやふや

    よくある感じですね。商品タイトルで「本物保証!」と謳う事でおびき寄せる手口ですが、商品説明を読むと真贋については不明としている物。これらは一概に偽物です。

    真贋不明と書いている出品者から買わない事です。切手収集を代表するペニーブラックの真贋すらわからない人から購入するって不安過ぎませんか?

    鑑定機関で偽物と鑑定されれば返金を約束

    本物と謳っている割に鑑定機関で偽物と鑑定されれば返金を約束。言ってることが矛盾しています。仮に偽物と鑑定されたとしてもそれを言っても返金される事はまずないでしょう。

    そもそも日本でペニーブラックを鑑定できる機関はなかったと思いますので、そうなると欧米の鑑定機関にわざわざ送る必要があります。つまりめんどくさい訳で、販売者としても「そこまでは誰もやらないだろう」という思惑が働いているからこういう書き方をしているんです。

    ヤフオクで胡散臭い出品者から購入した物が明らかに偽物だった場合、出品者が「鑑定機関を通せ」なんて言ってても無視していいです。まず警察に相談して警察官から出品者に電話連絡してもらいましょう。基本的に相手はこれでビビるのですぐさま返金されます。返金されなければ出品者を相手取って少額訴訟を起こしましょう。

    ただしこの場合、客観的にそれが偽物だと警察に説明できるだけの貴方の知識が必要になります。

    自己防衛の為のペニーブラック真贋判定方法

    最近はネットでの販売が主流なので、買う側は現物を見る事はできません。

    ネット販売されている偽物

    これ、全部偽物です。正確には本物のカラーコピー品なのでこうして商品画像だけ見ていれば当然ながら本物に見えますし、商品タイトルに「本物保証!」なんて書いた上にこれがセットで1万円即決なら買ってしまいませんか?

    プレート1aから11までのフルセットです。本物ならばこの12枚で軽く50万円は超える価格です。でも例えばこれがセットで1万円即決でオークションに出品されていたらどうでしょうか。しかも本物保証と謳っている・・・まぁ買いますよね。

    大金を出して購入し、いざ届いてみたら本物と紙の質感が全然違う・・・なんて事は十分に起こりえるわけです。1万円も出してペニーブラックのカラーコピーを12枚買ったなんて恥ずかしくて墓場まで持っていく話です。

    ちなみにこの12枚セットは日本円で600円ぐらいで海外のネットショップで販売されています。

    こういうのを仕入れて偽物とわかった上で「本物」と謳い販売している輩が海外にもそして日本のヤフオクにもいるんです。つまり詐欺です。

    そして我々がすべきは自己防衛の為の真贋判定。警察になんてできれば行きたくないですもんね。ですので限られた情報しか与えられてない中でできるだけセルフ真贋判定ができるように下記の点をアドバイスしておきます。

    チェックレターに違和感

    このページで紹介したシート構成を確認してください。このアルファベット以外のチェックレターの組み合わせは存在していませんので、例えばLMなんてチェックレターのペニーブラックは即偽物とわかります。

    また、日頃からプレーティングを行っている方ですとチェックレターのアルファベットの形状で偽物だと簡単に見分けがつく場合があります。

    透かしが写っていない

    商品写真で透かしが写っていない物は偽物と疑うべきです。或いは販売者に透かしについて質問しましょう。「透かしはない」という回答や質問に対して未回答の場合それらは偽物です。

    最近は本物をカラーコピーした偽物が出回っています。それっぽく経年風に軽く汚すなどすればかなり本物に見えますし、何より商品写真では真贋の確認が非常に困難です。こういう場合も必ず販売者に透かしの状態を確認し、写真を送ってもらってください。透かしに対する問い合わせに無回答だったり、透かしの説明をしない販売者は即ち偽物を販売しています。

    2021年6月27日:透かしのある贋作の存在が確認されました。透かしのない贋作は上記の手段で自衛できますが、透かしのある偽物となると、特に商品写真でしか現物を確認できないネットオークションやネットショップでは自衛の手段がありません。海外のオークションやネットショップでペニーブラックを購入するのはかなり注意が必要ですし、ebayの評価はアテにになりませんのでくれぐれも注意が必要です。同様に国内のネットショップやネットオークションで購入する際は古物商許可を掲げている販売者か昔からある切手商の方が安全でしょう。

    女王が不鮮明

    エリザベス女王の肖像が不鮮明な物は偽物と疑うべきです。少し前に作られた贋作にこの作風が多い傾向にあります。本物でもプレートによっては色味の薄い物が存在しますが、色味が薄いのと印刷自体が眠たい印象では全然印象がことなります。

    そのペニーブラックが本物かどうか疑わしい場合は・・・

    現在偽物のペニーブラックは海外オークションなどで数百円程度で販売されています。ネットで”penny black copy”や”penny black fake”や”penny black forgery”で検索するとわんさか出てきますので、疑わしい商品との類似点がないか見比べましょう。これだけでも偽物を掴まされるリスクは格段に減るはずです。

    本物のペニーブラックを購入するには

    鑑定機関で鑑定済み、即ち鑑定書付きのペニーブラックを購入するのが一番安全です。或いは信頼できる切手商から購入するのも良いですが、無駄に高い場合があるので注意してください。4マージンの使用済みペニーブラックで鑑定書がついている場合の相場は5万円程度です。

    4マージン未使用のペニーブラックならそれこそ価格は天井知らずですが、未使用でも3マージン以下の物ならせいぜい数万円〜高くても10万円程度でしょうし、4マージンの使用済みで高い物でも10万円を超えるのは余程希少な物だけです。ただし使用済みでも希少な物の価格は天井知らずです。

    ヤングスタンプではペニーブラックの真贋判定をお手伝いしています

    「このペニーブラックは本物?」

    今購入しようとしているペニーブラックが本物かどうか疑わしい場合は、当サイトトップページのお問い合わせからご連絡ください。該当のペニーブラックの商品ページのURLを添えて頂ければ簡易的にですが真贋判定のお手伝いをすると共に、色々とアドバイスもさせて頂きます。もちろん無料です!

    昨今本当に偽物が数多く出回っていますので安物買いの銭失いにならないよう気軽にご連絡ください。いくら精巧な作りであっても偽物は偽物。偽物には1円の価値もありません。

    ペニーブラック収集ガイドのまとめ

    ここまでを読んで如何でしたでしょうか。

    今から180年程前に発行された世界で最初の切手。その気品溢れるデザインは一度目にすると納得できると思います。

    まだお持ちでない方は是非最初の1枚を手に入れてみてくださいね。そして既に収集されている方は、より高難易度なプレートリコンストラクションやプレーティングに進まれると良いですね。特にプレーティングはイギリスクラシック切手収集で最難関と言われますが、それだけに一生の趣味にできる素晴らしい専門的な収集方法です。

    ペニーブラック収集から深みにハマるとペンスブルーやペニーレッドのプレーティングにまで行き着きますが、それもまた楽しいものです。事実私は最も難解なペニーレッドのプレーティングを専門的に行っていますが、何万枚とプレーティングしてきた今現在でも新たな発見があるぐらいです。

    それでは、どうぞ素晴らしいペニーブラック収集を心から楽しんでください!


    クラシック切手やアンティークコインはヤングスタンプでお求めください!

    ヤングスタンプではクラシック切手やナチスドイツ切手、ローマコインに代表されるアンティークコインを常時破格値で販売しています。コレクション初心者の方からベテランの方にまでご満足頂けるラインナップですので是非一度下記からお越しください。全て早いもの勝ちですっ!!

    ペニーブラック完全収集ガイド

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる