薬品を使ったローマコインクリーニングその2

おはようございまーす。

しばらく前に化学薬品を使ってローマコインのクリーニングを実験的にやってみましたが、効果の程は「?」でした。

なんていうか効果自体を感じられず、しょんぼりとフェードアウトしましたね(笑)

ところが私はどうやら取説を読み違えていたようで用法用量を正しく守っていなかった事が判明。更に言うと、私はローマコインをこの薬品に漬けるだけで汚れがポロポロと自然に剥離していくイメージを勝手に持っていましたがその点全然違いました・・・

この薬品は汚れをポロポロと剥離させるものではなく、あくまでも蒸留水やオリーブオイルに漬けるよりも早く汚れを”柔らかくする”薬品だとわかりました。

実際そういう汚れを短時間で剥離させる薬品も存在しています。劇薬の部類で取り扱い注意な上にかなりシビアな時間管理が必要になるスーパー薬品が。それに似たようなものかと思っていたんですが全然違いました😅

「単に蒸留水やオリーブオイルに漬けるよりも比較的早く汚れが柔らかくなるから適宜取り出して歯ブラシや竹串でゴシゴシしてね」というものでした。

という訳で改めてこの薬品を使ってのコインクリーニングにリベンジしたいと思います。

まずは薬液を作成

蒸留水に指定量の薬品を混ぜました。相変わらず毒々しい色ですね。

挑戦者たち

今回のリベンジに参加して頂く挑戦者たちです。

今回はローマコインだけでなくもうちょっと汚れが少なそうな1800年代あたりのスペインコインにも参加してもらう事にしました。上3枚がスペインコインで下3枚がローマコインです。

ザ・漬け込み

ぽいぽいぽいっと漬け込み。ひとまずここから2日放置との事。2日後から歯ブラシと竹串でこすってみる事になります。

割と汚れが頑固そうな6枚を入れたので、体感できるレベルで頑固な汚れがボロボロと取れるようであれば他のコインも投入する予定。って事でタッパーも大きめのものをチョイスしました。

2日後にゴシゴシしてみるので後日また続きを記事にします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる