ビザンチンコインのカタログを購入しました

こんにちはー。

未洗浄コインの整理をしていると自然と溜まってきつつあるビザンチンコインたち。

ってそれ程の数は持っていませんが、溜まりつつあるビザンチンコインがいつ頃発行されたものであるとか、それぞれの持つモチーフの意味や人物が知りたくなってカタログを購入しました。

SEARのビザンチンコインカタログ

SEARのビザンチンコインカタログです。『BYZANTINE COINS AND THEIR VALUES』。

全数網羅されているかどうかはわかりませんが、ビザンチンコインが恐ろしい数掲載されていてそれぞれに特徴や評価額といったデータが書かれているのでありがたい1冊です。

SEARと言えば同名シリーズでギリシャコインのカタログ(全2冊)とローマコインのカタログ(全5冊)があります。洗浄後のコインの帰属(特定)に必須なので私は全て持っています。もっとも、最近LRBC(後期ローマのブロンズコイン)については他のわかりやすい書籍を使うことが多いですが😁

洗浄そのものも楽しい作業ですが、その後の帰属という作業はやはりワクワクします。

今の所ローマやギリシャコイン程に熱を入れて収集するつもりは全くありませんが、チラホラと未洗浄の山から出てくるビザンチンコインの帰属も楽しんでみたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる