KG Vなどの小ロット物

昨日届いたKG VやらKE VIIの小ロット物。

このシリーズは個人的に何が面白いかって言うと、やはりカラーバリエーションの専門分類かなと。当然そうなるとプリンターでも分類しないといけなくなるのですが、物によっては色々と難しい部分もあって俄然燃えてくるんです(`・ω・´)

特にカラーバリエーションはスタンレーギボンズの専門カタログに掲載されている分だけでも収集はなかなかに困難ですが・・・そこにヘンドンのリストまで加味するとこれはもう生きてる間には無理なんじゃないのかと。そう思えるほどに実は豊富なカラーバリエーションが存在しています。

まぁヘンドンに関しては「そこまで分類する必要あるんか?」などといった議論も巻き起こっていますし私は基本的にヘンドンは無視していますが・・・日本で収集している他の方はどんなスタンスなのかちょっと気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA